「ヒトまかせの戦争」2016/10/13

 U-MAIL(ウンコ通信) 2006/10/13 

えー、そう言われてみれば、ナルホドその通り、ということがある。「戦争」が日常の中に組み込まれると、一般国民と「当事者」の意識に大きな差が生じる。これはアメリカのハナシだが・・・

「ヘラ鳥ウォッチング」

「SACRIFICE OF THE FEW」:10/13

「ヒトまかせの戦争」 ボブ・ハーバート

(テネシー・カークスヴィル発)

下士官マイク・クラウスは想い出す。ついこの前、イラクから帰って来た時のことを。軍服を着て空港を歩いていると、旅行客たちが気付いて拍手喝采し始めたのや。

「みんな畏敬の目でオレを見て歓声を上げ拍手するんだ。そりゃカッコイイさ。でも、アンタたちは、ナニを知ってるんだ。オレは心の中でつぶやいたのさ。このオッサンは仕事でトレドとかに向かうところ、あのオバハンはヴァケーションに出掛けるところだろう。みんなフツーに暮らして居る。だけどコッチは、直ぐにまた、地球上でもっとも異常な場所に飛び帰るんだぜ」

異常とはどういうことか、24才のこの下士官は、イラクでヤラナケレバならない最悪のシゴトを、ためらいがちに説明してくれた。「スゴク言いにくいコトだけど、オレたちの仕事は、飛行機に積み込むことさ、そう、英雄たちの遺体を、だよ」

「オレの隊長はヒトツのヤリ方にコダワルのさ。下っ端の兵隊には任せたくないのだよ、この仕事を。秘密にやりたいってワケじゃない」

「それが、どんな感じなものか、説明するのはキツイ。名前までよく知っている仲間の遺体を飛行機に積み込むのさ。遺体を入れたバッグがどんなに重いか。180ポンドというソイツの体重だけじゃない。ソイツの全生涯の重さを担ぐのさ、オレたちは」

第101航空隊勤務のクラウスは、テネシー州とケンタッキー州境のキャンベル要塞に程近い、静かな中産階級の分譲地に住んで居る。ジーンズとポロシャツに着替えてリヴィングルームに寛いだクラウスはホっとして居た。神経を磨り減らす3回の戦場派遣、アフガンに1回、イラクに2回、計2年間、それを終えて今、安住の故郷に居るのだ。

婚約者も居てはるし、もう直ぐ、近在のオースチン大学から学位を受ける予定もある。アラバマ州の高校生時代から始まった軍隊とのカンケイは、あと数ケ月でオシマイや。

しかし、アメリカ国民の、ほんの数パーセントのニンゲンの肩に、イラク・アフガニスタン戦争の重荷が担わされていることを語る時、彼の声の底には激しいものが感じられた。
「こうした犠牲は頒け合われるベきやんけ。アッチでどんなことが起こっているのか、その心配を社会は共有するべきやんけ」

「いいかい、今現在、アメリカ国民の、ほんの一部の家族が、その犠牲を負わされて居るのさ。人々はよく言うよ。《ワレワレはスバラシイ人達を戦争で亡くした》と。ちょっと待てや。ワレワレだって?アンタたちは、誰も亡くしていないじゃんか。そやろが!」
多くのアメリカ人が、戦争などにカンケイなく、自由に日常を送ってる一方で、何万人の部隊が、繰り返し繰り返し、戦闘地域に送り込まれて居る。イラク・アフガン派遣支援グループによれば、今年に入って派遣された陸軍9万2000名の内、2/3は、2回目、あるいは3回目のオツトメなのだ。クラウスもそうだが、多くの将兵は、3、4回派遣されて居るのだよ。

アメリカのように、巨大で裕福で健康な国家が、こんな危険で重い仕事を、ごく少数のニンゲンの肩に担わせている事実を、正当化することが出来るか?

クラウスは一枚の写真を見せて呉れた。妹の婚約者だった23才のウエスト・ポイント出身のデニス。昨年11月、イラクで4人の仲間兵士と共に、道路脇に仕掛けられた爆弾で殺されたのや。

デニスの母親と婚約者の深い悲しみを目撃した時、「戦争犠牲者」の真のイミを悟ったとクラウスは言う。

クラウスは自分の勤務に誇りを持って居り、軍隊を愛していると。「でも、ワレワレは国家の戦争を戦っているんだろ?なら、国民全体が共に戦うべきやんけ」

彼は言う。もしここに、魔法の杖があるなら、全国民勤務義務化へ、一振りしたいと。「軍隊に入らなくてもいいさ。赤十字で働くなり、ホーム・セキュリティに尽くすなり、ナニか出来ることがある筈やねん。それが社会的義務と言うもんだろが。なんたって、今は戦時中なんだから」

ウム。サベツに敏感なボブ・ハーバートの考え方。異論はイロイロあるとしても、ヒトツの盲点的真実をズバと突き付けられた想いはあるぜ。

「これからのロシアはドーなる?」2013/10/13

えー、ロシアもいつまでもプーチン、とは行くまい。「ソ連」を知らない世代が育って来て居るのや。独裁主義志向でもなく、リベラル志向でもなく。ご紹介致す。

**********

「RUSSIA'S SEARCH FOR ITSELF」(10/10)

「これからのロシアはドーなる?」

ヴィクター・エロフェイエフ(1947~)

(モスクワ・発)

この秋、ロシアの政治情景はかなり陽気になってる。執念深く断定的な独裁主義のタイクツの中に、複数政党政治的なマボロシがセリ上がって来ている。ラジカルな世代交替が始まっている。「ソ連」を知らない若い連中が発言し始めて居るのや。

毎週、2ツのロシアが衝突している。片やクレムリン・ロシア。誰に対しても厳格な国家命令を下す。片やヤング・ロシア。国家に対し、国民への奉仕を求める。この2ツに共産主義の支持者と、ファシズムに近い過激ナショナリズムの一派を加えてもいいのかも。

でも、これは誰でも知ってる連中やねん。新しいのは中間的な若いロシア人の顔やねん。彼らは時にはクレムリンの宣伝を信じ、時にはそれに反抗する。この国の未来はこの流動的な連中が、ドッチに向くかに掛かっているのだ。

歴史的に言えば、紛争は主にクレムリン・イデオロギーとリベラル・イデオロギーの間で起きる。それは「プシー暴動事件」に象徴される。強制労働所行きを宣告された3人の若い女性が、現代ロシアの強制労働所の下劣な性格を暴きつつ、加虐者と闘い続けているのだよ。
(PUSSY RIOT はロシアの女性パンク・バンド。政治犯として3人が逮捕された)

論争は家族を二分し、小さな内戦となる。これは期せずしてモスクワ市長選挙での野党リーダー、アレクセイ・ナヴァルニーの善戦に表れた。ロシア首都の住民の1/3が彼に投票したのだ。今も、北極海の沖合の掘削に抗議して拘束された、グリーン・ピースの30人の国際活動家の釈放を求めるキャンペンが行なわれている。

ロシアは、なんでもプーチン、を止めて、未来を探索しているのだよ。こうした風向きに乗って、権力はバラバラな方向に向かっている。9月のロシア「ヴァルダイ・クラブ」での西欧有識者との会談で、プーチンは自分のレトリックをチョイと変えた。自分は複数政党制に必ずしも反対ではないと。この珍しい開放的物言いは、シリア問題でアメリカを出し抜いたという満足から出てきたのやろ。クレムリンは、ロシアにはプーチン以上の政治家は居ないと確信しているらしい。彼は最高票を集める。つまり彼の開放的態度は権力誇示に似て来る。

新しい世代は、この国を野蛮と奴隷制と恐怖から解放するのかや?ソ連の独裁主義に最終宣告を下すのか、西ドイツの若い世代が憤然としてナチスを見限ったように?

20~25才の世代は、ロシアが現在の国境の中で生きて行くのかどうか、近隣諸国に対して魅力的な国になるかどうか、ヨオーロッパ風の帝国主義を追うのかどうか、を決心することになるのやろ。

とは言え、ロシアほど国民がバラバラな国はないんちゃうか。国民を形造っていた伝統的価値観を失い、近代国家としての形は未だ見えていない。ある人々は、自由も責任も不要だが、プーチン風の権力があれば成立する昔風の国家意識を振り返る。怒りの声が刑務所から聞こえて来る。様々な屈辱に曝されているホドルコフスキーやトロコニコーヴァ、の問題をどーする。大統領選でプーチンを公然と支持したモスクワ総主教をどーする。

かつて、ロシア自体が刑務所だった。帝政時代よりはマシたとしても。長いスターリン主義が過ぎて、もはや刑務所ではなくなったと考えるのは単純過ぎるか。

分裂した意識現象が、ロシア全体の中に起きている、特に若い世代の中に。オレはいろいろな場所で彼らに会う。みんなインタネットを足場に、地球の懐疑のオーラの周りを囲んでいる。でも同時に、オドロクほど、自分の懐疑を堅持しているのや。彼らはアメリカが嫌いだ。アメリカはロシアの主権を奪おうとしていると信じ込んでいる。でも同時に、突然、アメリカへの移民を準備する。(前述の)ナヴァルニーは、クレムリンの秘密スパイだと確信している。でもその場合、オマエたちもクレムリンのスパイだと言われると怒り出す。彼らにとって、ヨーロッパは腐敗とデカダンの筈だが、その一方で、せめてブルガリア辺りに住みたいと願うのだ。

朝には独裁主義を嫌い、昼には野党を嫌い、スベテがゴチャゴチャになる。彼らのアタマは壊れたボールさ。アキラカに、国民と国家の間に把握された意識の方が、「ソ連以後」なにもかもソ連的なものに反対した希望の無い態度よりはマシやろ。新しい意識は、ヨーロッパ文明の基本である、個人と野心の要素を備えている。でもヨーロッパ人になるのは、ズっと先のハナシやろ、この国の急激すぎる発展の中に住んでいる限りは。

では、ヨーロッパ型ロシア人はドコに居るのや?モスクワとか他の大都市に住んでいる。姿は見えるけど、まだ少数派やんか。選挙に勝つにはウルトラ愛国者と称する多数派をヤッツケねば。その他の方法は?リベラル派の反乱を起こしてリベラル独裁を立てるか?それは現実的じゃない。結局、ロシアは今のまま続くのやろ。いつまで?知るか。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ウム。このヒト、文芸評論を主とする反体制派物書きで、オペラ台本も。ソ連時代、ソ連作家組合から追放され、ゴルバチョフ時代に復権。テレビのホストも務める。親父はソ連の上級外交官、パリに生まれ幼時を過ごす。そのセイか、かなりニヒルな筆致やなァ。

「ライアン再び共和党の中心に」2013/10/13

えー、たまには、コラムニストではなく、レポーターの記事をちょいと拾ってみるか。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ヘラ鳥ウオッチング」

「RYAN IN THE FOREFRONT AGAIN FOR REPUBLICANS」(10/12~13)

「ライアン再び共和党の中心に」

ジョナサン・ワイスマン

(ワシントン・発)

昨年、副大統領候補として選挙に負けたことで、ちょいと影うすくなっていたポール・ライアンが、ここへ来て共和党内での位置を高めているのや。「下院共和党のインテリ・センター」と言われて。オバマケアに関しては言及せず、共和党極右派からは嘲られるが、民主党、共和党穏健派からは支持されている。ボーナー議長が、政府債務上限6週間延長と言う彼の考え方を共和党会議に提出し、これが党の公式的ポジションとなった。10日、共和党も民主党も、その新しい道の成功も失敗も、ライアンの肩に掛かっていると言った。超党派で解決の道を探る民主党女性上院議員、パティ・マーレイとライアンは、大きな政策ギャップにも拘らず、共通点を発見できると信じている。ライアンは「彼女とはイイ関係を築いている、意見の違いは沢山あるが、一緒にやって行けると思う」と。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「C.I.A.ALERT ON SNOWDEN IN '09 SAID TO GO UNHEEDED」(10/12~13)

「スノーデンを警戒人物視したCIAの情報はNSAに無視された」

エリック・シュミット

(ワシントン・発)

2009年に、CIAの技術者となったスノードンについて、監督上司は、権限の無い機密情報に接近しようとしたアヤシイ行動への疑いから、ジュネーヴの職場から彼を放遂することにした。しかし、そのハナシはNSAには伝えられず、やがてNSAの職員となったスノードンが機密情報を漏洩させた後になってから、連邦調査局が彼の履歴を調べ始めたのや。CIA、NSA、FBI、何れも、これに関するコメントを拒否している。

(序での情報)10日、スノードンの父親、ロン・スノードン氏が、モスクア空港に着いた。息子と会えると言うことで。しかし、その日の電話インタヴューでは、未だ会えていないと。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ウム。スノードンは、今年のノーベル平和賞候補として名前が上がっていたやんか。

「オバマ 対 追剥ぎ連中」2013/10/09

「OBAMA VS. TEH HIGHWAYMEN」(10/09)

「オバマ 対 追剥ぎ連中」

ショーン・ワイレンツ(プリンストン大学:歴史学教授)

(ニュージャージー・プリンストン発)

共和党下院議員連中は、政府を債務不履行に追い込みかねない債務限度アップの拒絶を宣言している。これはアキラカにアメリカ憲法修正14条違反やんか。「法律によるアメリカ公債の有効性は」神聖にして犯すべからざるものであり、「イチャモンつけることは許されない」筈や。(ここから歴史学者のさまざまな引例が続くが、それはカットして)

憲法は2段階の解決法を備えている。

第1)大統領は下院共和党員どもが、憲法違反の行動で脅しを掛けているというカンタンな事実を指摘出来る。これは政府に対する攻撃の性格をハッキリ暴くことになる。

第2)もし最悪なことが続いて、債務不履行が起きた場合、大統領は非常時権力を発してこれを止め、国家を、そして世界を、大惨事から救うことが出来る。

オバマが堅忍不抜の意志によって行動すれば、共和党は、危機の元凶としてオバマをコキ下ろし、オバマは独裁者だと叫ぶやろ。これはかつて、アンドリュー・ジャクソン、リンカーン、フランク・D・ルーズベルトが受けたコトバとまったく同じやんか。

こうした罵りに慣れていたリンカーンは、1860年、南部のケンカっ早い連中が、奴隷制度の延長を拒絶するならセキニンはすべてリンカーンにある、と叫んだ時、こう言ったのや「追いはぎどもが、オレの耳にピストルを突き付けて、‘サッサと渡せ、さもなきゃオマエを殺す、そしたらオマエは殺人者になる’だとさ」

もし政府が、2段階の憲法解決法を採るなら、下院がモーレツにオバマの弾劾を求める可能性は十分にある。憲法に対するテメエの具合悪さは隠したまま。

けれど、オバマ大統領は、自分の憲法義務を遂行して国家を救い、助かった人々の感謝を受けるだろう。そして人々は、憲法を踏み躙り、国家を崩壊の淵に立たせた連中を罰することになるべな。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ウム、そーゆーことや。

「ボーナー下院議長とドタバタ部隊」2013/10/09

えー、オバマvs.共和党の意地っぱり戦争は、もはやドタバタ喜劇の世界に入ってしまったようだ。リベラルのみならず、知識層全体がイロイロな形容句で、これを指弾している。いくつかのコラムのタイトルとその要旨のみ、お伝え致す。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ヘラ鳥ウォッチング」

「THE BOEHNER BUNGLERS」(10/08)

「ボーナー下院議長とドタバタ部隊」 ポール・クルーグマン

アメリカ政府の業務閉鎖。債務限度もセッパ詰まって来た。一体ドーナルのや?

そのコタエ:病理学的な共和党の過激化。共和党はもはや、政治をマトモに考える能力を失っていることアキラカ。保守派リーダー連はイデオロギー的に過激なだけじゃない、トテツも無く無能力なのや。一途にオバマにその医療保険をアキラメさせたいだけやんか。

みんな当惑してるのや。GOPがまるでムカシの「KEYSTONE KOPS」(ドタバタ警官隊喜劇)みたいになっちゃってることに。まるでボーナー・アチャラカ部隊やんか。

2012年の選挙を想い出してんか。ロムニーが負けたことじゃなく、周囲の政治センモン家はみんなロムニーの敗北をウスウス感付いていたのに、共和党アナリスト連は、この結果にイチャモン付けて、メディアはリベラル偏向してるとワメイたのや。カール・ローヴさえ、下院共和党に対して、正気に戻って2012年の選挙結果を受け入れろと言ったのに。

コマッタことに、選挙の敗北のショックで眼が醒めなかったどころか、共和党は未だに、見果てぬユメ(WISHFUL THINKING) を追っているのや。

チャンと眼が醒めている連中は、オバマがイロイロな脅しで妥協したりしないことを解っている。なのに、共和党リーダー連中は、ドーしたイイのか、ハッキリした考えが無いのだよ。その一方で、政府は閉鎖され、債務危機が迫って居るのや。ホントに無能力ってのはオッソロしいぜ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ウム。ワメのごとき極東野次馬の眼から見ても、GOPは子供染みて見えるがな。