タイトル羅列キャンペン462017/03/26 05:53

「NYTウォッチング」(03/20~25)


「THE RISKS OF A STRIKE BY THE U.S.ON NORTH KOREA」
「米国による北朝鮮攻撃の危険」
★どの選択も全面戦争になる可能性を持つ



「WHO IS ANNE FRANK? MUSEUMS FACE A FOG」
「アンネ・フランクって誰?」
★世界大戦もホロコ-ストも知らない世代、



「MAKE AMERICA SINGAPORE」
「アメリカをシンガポ-ル化せよ」
★オバマ・ケアの代案を東南アジアから。



「THE SLASHING OF LIFESAVING AID GLOBALLY」ニコラス・クリストフ
「世界救命予算の削減」
★飢餓は2、000万人に拡大している。なのに米国大統領はカネを巨大国境壁や軍備増強に向けようとしている。



「ALIBABA'S FLOOD OF FAKES」
「中国巨大企業《アリババ》の大量模造品」
★米国フェニックスの手作り家具製造会社、その偽造品を通信販売で大量に売り捌く中国巨大企業アリババ。



「IGNORE SNOBS,DRINK THE CHIEAP WINE」
「スノッブ野郎無視、安くて旨いワインを」
★スエ-デンの味の技術者が消費者の味覚に応える



「CHINA'S SPIRITUAL REVIVAL」
「中国:習近平の宗教復興」
★依然米国に牛耳られてる中国の地位を前進させる方法のヒトツは信仰だ、と習は言う。1982年、29才の習は、仏教僧侶シ-・ユ-ミンと河北省の古都・正定県を訪ねている。此処は、臨済宗発祥の地であり、ユ-ミンはその僧院に入る。習は定期的にユ-ミンを訪ね共産党と宗教との共同を研究している。(ホンマカイナ?)



「TERRORISM IN LONDON BARELY RATTLES WARY EUROPE」
「ロンドン・テロに欧州慌てず」
★欧州大陸では、粗雑なテロは慣れっこだと。



「ARE TEENAGERS REPLACING DRUGS WOTH CELLPHONES?」
「ワカモノ:ドラッグ代わりのスマホ?」
★専門家は言う。スマホはドラッグに似た衝撃なのだと。



「A SMELL OF TREASON IN THE AIR」ニコラス・クリストフ
「国家背信罪のウワサ」
★裏切り者が、ロシアと組んでトランプを応援したって?多くの民主党員の期待に反して実行性の乏しい泡みたいなものちゃうか?


タイトル羅列キャンペン452017/03/19 05:48

「NYTウォッチング」(03/13~)


「AFTER WEEKS OF CIRCLING,MERKEL TO MEET TRUMP」
「対露脅威共通、トランプ・メルケル会談」



「IN A REFUGEE'S BAGS,MEMORIES OF HOME」
「難民のバッグには故郷の想い出が」
★戦乱で引き裂かれたイラク、シリア難民の、衣服、音楽、食物の中には故郷の文化が。



「THE BOMBS OF BANNON」
「バノンの爆弾」
★トランプ背後の策略家、バノンは、かのクロムエルのごとく矛盾に満ちている



「CHINA TRIES TO CUT DOWN ON OVERSEAS INVESTMENT」
「中国:海外投資削減」
★カネの海外流失傾向修正



「TRUMP PURSUES FASTER GROWTH;FED IS WARY」
「トランプの急速成長路線にFed困惑」
★インフレ心配せにゃよ



「ARE YOUR SPERM IN TROUBLE」ニコラス・クリストフ
「アンタの精子は大丈夫?」
★有毒化学製品に囲まれたニンゲンの未来は?若い世代に見られる2ツ頭2ツ尻尾精子。



「EGYPT'S‘GENERATION JAIL'」
「エジプト:被抑圧世代」
★あの「アラブの春」から6年、デモクラシ-活動家は投獄の脅威の下に暮らしている。



「ARE WE RAISING RACISTS?」
「人種サベツを育てるな」
★トランプ時代に在って、親たちがココロすべきこと。



「DONALD,HAVE I GOT A DEAL FOR YOU」ト-マス・フリ-ドマン
「トランプよ、ジックリ考えて欲しい」
★北朝鮮はケネディ時代のキュ-バ危機の「スロ-モ-ション版だ。自分が作ったモンダイではないが、北朝鮮に慎重に対処せよ、中国と貿易戦争するな。テレビ・ショ-の揚にはY行かない。



「ANGLS AND DEMONS,THEN AND NOW」
「天使と悪魔、昔と今」
★アメリカにとって、ロシアは軍事的と言うより精神的な相手なのだ。



「DUTCH VOTE NOT A DEFEAT OF POPULISM」
「オランダの選挙結果はポピュリズムの敗北に非ず」
★トランプと英国EU脱退に危機を感じた国民層が投票率を上げたからやねん。



「THE SEEDS OF NATIONALISM」
「ナショナリズムの種子」
★ドイツ郊外地域では、極右が台頭。



「CROUCHING JUNTA,HIDDEN ABBOT」
「低姿勢軍事政権と隠れ仏教徒」
★不安定タイ国:軍事政権が僧侶を追っている。



「WITH BOOKS,THE BORDERIS ALWAYS OPEN」
「文学は国境を越えるトランプに関係なく」
★あまりにも狭い世界観に対抗するため、本は中心的存在だ。

タイトル羅列キャンペン442017/03/12 10:56

-MAIL2017/03/12


「NYTウォッチング」タイトル羅列(03/06~11)


「U.S.WAGING A SECRET CYBERWAR ON NORTH KOREA」
「米国、北鮮に秘かなサイバ-戦仕掛ける」
★核計画妨害のため。トランプは次の手を考えねばよ。



「IS THE POPE THE ANTI-TRUMP?」
「ロ-マ法王は反トランプか?」
★片や精神世界のリ-ダ-、片や怒りっぽいナルシスト



「CAN POPULISM TAKE PARIS?」
「フランス:ポピュリズムが勝つか?」
★メルケルとル・ペン



「MAD TRUMP,HAPPY W.」 モ-リン・ダウド
「狂気のトランプ、脳天気の小ブッシュ」



「MEANWHILE,AT HOME IN RUSSIA」
「ロシアの内情」
★プ-チンはロシアを強化。しかし一方に衰退都市が。



「PUNCTURING THE VENEER OF PRESIDENTIAL CIVILITY」
「トランプ、オバマ、異常なナジリ合い」
★互いに批判合戦



「BRITAIN THE IMMIGRATION NATION」
「英国:移民者の国」
★この島は移民の歴史の博物館やんか



「A MILITARY BUDGET WITHOUT A PLAN」
「計画性無き軍拡予算」
★トランプの国防予算は、米国をより不安定に、世界をより危険にする



「GERMANY ERRS IN HOPES ABOUT TRUMP」
「独:トランプを誤解、希望託す」
★プラグマティズム期待したが、トランプは右派の立場



「THE HEALTH CARE CRACKUP」デヴィッド・ブルックス
「医療保健の崩壊」
★法案どうのこうのではなく、アメリカ政治の一時期の終り」



「PROPAGANDA IN ISTANBUL」
「トルコのプロパガンダ」
★革命後のイランの殉教ブンカが、トルコでデッチ上げられた



「COLONBIA'S CORPORATE MARIJUANA」
「コロンビア、医療目的で政府が製造許可」



「PEANUT BUTTER ON THEIR CHINS」
「トランプ一派のアゴに着いてる汚れ」
★モラル破産大統領は周囲のニンゲン全員を汚す。流行歌の歌詞にヒッカケた

タイトル羅列キャンペン432017/03/06 10:56

「NYTウォッチング」タイトル羅列(02/27~)


「TRUMP VS.PRESS」モ-リン・ダウド
「トランプ対プレス(新聞・テレビ)」
★トランプもプレス無しでは生きられない。スパ-リング相手、避雷針、スケ-プゴ-ト拡声器、としての新聞・テレビ無しでは。



「WHAT DOES STEVE BANNON WANT?」
「スティ-ヴ・バノンの狙いはナニ?」
★不吉なことに、彼は歴史の巨大な理論にコ-フンしたインテリなのや。



「NORTHERN IRELAND AND THE DISUNITED KINGDOM」
「北アイルランドとバラけた大英帝国」
★英国のEU離脱は、北アイルランドの平和の基本的前提を崩した



「AS H.I.V.SOARS,PHILIPPINES KILLS CONDOM PLAN」
「フィリピン:エイズ増加にも拘らずコンド-ム計画廃棄」
★2010年~15年、タイ、カンボジア、マレ-シアではエイズ30%ダウン。フィリピンは50%アップ。高校生にコンド-ム配布、性教育施すという保健省の計画を教育省が、父兄会、カトリック教会、保守議員からの圧力受けて廃棄。



「TONY BLAIR'S LESSON FOR TRUMP」
「トランプよ、ブレアを他山の石とせよ」
★英国のEU離脱とトランプ流対外政策の相似は根深いぜ。



「HOW TO STEAL A RIVER」
「印度:《川》を盗む砂採掘業者」
★ビル建設ブ-ムに乗って、毎年8億トンもの砂が採掘されて水路や環境を破壊してる。



「XI SEEKS TO EXTEND HIS POWER THROUGH ALLY」
「中国:習首席はツヨイ味方を得て権力期間延長を狙っている」
★その味方の名前は王岐山(1948~)中国共産党中央政治局委員。汚職腐敗を粛清する中国NO2の実力者。現在63才の習は、68才の首席定年制を越えて「中核」としての権力を維持する構え。



「AGAINST POPULISM.THE CENTER MUST HOLD」トニ-・ブレア
「ポピュリズムに対して中道を守れ」
★テクノロジ-とグロ-バリズムが破壊した左派右派のバランスを取り戻せ



「THE LIMITS OF MILITARY POWER」ニコラス・クリストフ
「軍事力の限界」
★「もし国務省に十分な資金を与えないのなら、もっと多くの武器弾薬が必要だ」と言うジム・マティス国防長官のコトバを、トランプはマトモに受け取ってしまったらしい。相手お怖れるだけでなく、友人扱いすることが安全性の進歩にツナガルのやねん。



「DEFORESTATION ROARS BACK」
「ボリヴィア:大豆のための森林伐採」
★強力な大豆需要に対応してアマゾン地方の開発は進む。

タイトル羅列キャンペン422017/02/27 10:55

「NYTウォッチング」タイトル羅列(02/20~)


「WHERE RUSSIAN LIFE GROWS BLEAK」
「ロシア:国民生活吹き曝しの地域」
★シベリアの都市では、偽ウオトカ飲んで死亡するなど、中産階級の生活が崩壊中。



「PAST PUSH FOR DIESEL LEAVES LONDON GASPING FORAIR」
「北京に負けないロンドンのスモッグ」
★1952年12月、12、000人のロンドンっ児が空気汚染で死んだ。1956年に空気清浄化令が出た。しかしその結果、今、ガソリンから切り替わったディ-ゼル車と各戸の薪暖房により空気の汚染が再び高まっているのや。



「OIL RECOVERS,BUT NOT ITS JOBS」
「石油市場回復、しかし雇用増えず」
★その理由はオ-トメ-ション化の進展。



「IT'S LENNON VS. BANNON FOR OUR SOUL」
「アンタはドッチ?レノンVS.バノン」
★「イマジン」的リベラル、コスモポリタン世界対壁とル-ル、妥協無き世界。米国も欧州も社会の深い裂け目。選挙控えたドイツ、フランスではド-なる?



「UNMAKING OF EUROPE HAS BEGUN」
「ヨ-ロッパの崩壊はじまる」
★テクノロジ-の可能性。バカ気たことの進化を含め。