「イチャモンダイ情報」1062019/11/01


「音楽展望」

★え~、そろそろ身辺整理と言うか、不要なものを捨て始めてる。音楽三田会に招ばれて「わがゲリラ的音楽人生」とかを喋った時のDVD、実にクダラナイ。ただ「慶応演歌・諭吉節」だけはチョっとオモロイので、ここに採録しておく。

▲「嗚呼 西力東漸 夜は明けて/維新騒乱風の中/剣より強きペンを執り/学びの道を究めんと/中津 大坂 鉄砲洲/慶応義塾 ここに樹つ/驕れる官に背を向けて/独立自尊の心意気/YOU YOU 論吉 その教え/YOU YOU 諭吉 わがいのち」

「嗚呼 想えば哀し 先達の/昧き戦争に 身を挺し/血で贖いし 平和こそ/われらが明日の 礎ぞ/日吉 藤沢 三田之山/慶応義塾 継ぎゆかん/汚れの海に眼を据えて/荒ぶる時代の規範たれ/YOU YOU 論吉 その教え/YOU YOU 諭吉 わがいのち」



「イチャモン」

★河野太郎防衛大臣の「ボクは雨男」と言うコトバが物議を醸し、これを非難する声と擁護する声がネットに広がった。この小姑めいた非難はなに?大学入試についての「身の丈」発言も要するにサベツと言うことやろ、すぐモンダイ化する。さよ、社会もメディアも小姑化してる、クダラン!発言当人としては面倒クサイから謝ったり取り消したりする。そんな必要全くナシ。野党もメディアも次元が低すぎる。無為無策のテメエのことはタナに上げたままの小姑根性ほど見苦しいものは無いぜ。

★東京五輪のマラソン・コースについてのイザコザ。選手のケンコーをそんなに心配するこたないぜ。もともとマラソンは苛酷なレースやねん。その昔、紀元前450年に、アテナイ軍がペルシャの大軍をマラトンで打ち破った。その報せを一人の兵士がアテナイに伝えるため40キロを駆け抜け、「わが軍勝てり」と告げて絶命したのや。その故事に倣って1896年第1回オリンピックに、40キロの競争が登場したのやねん。さよ、「死んでも走る」のがマラソンやんか。甘ったれるなIOC!歴史をチャンと勉強せなアカン。

コメント

トラックバック