「イチャモンダイ情報」1052019/10/29


「イチャモン」

★イチャモンと言うよりバカ気たミス。「バンキシャ誤報」モンダイとは別に、10/24日朝刊の4チャンネルテレビ欄。前日23日に既にホークス優勝が決まっているのに、「日本シリーズ・日本一、今夜決定か?」と来たもんだ。ナニを寝呆けてるのや?アホ。



「世界情報」

★アイルランドのジャガイモが生み出したアメリカの4人の大統領。1845~49年、アイルランドは主食であるジャガイモの大飢饉で150万人が餓死、100万人がアメリカに移民した。その子孫の中から後の4人の大統領、ケネディ、レーガン、ビル・クリントン、オバマ、が誕生したのや。つまりGREAT・POTETO・FAMINE・PRESIDENTS。「ジャガタラ大統領連」とでも言うか。古いハナシでゴメン。



「老化観察」

★目ン玉のセイで生活範囲が極端にせまくなり、おなじことの繰り返しばかり。そのためか、実に奔放多彩な夢を毎晩のように見る。ただ、全くロンリ性の無いシロモノなので、コトバで説明出来ない。そのままの情景をネットに乗せればオモロイと思うがムリなハナシ。近ごろは続き物の夢もある。夢の中で、あ、これは夢だと気付く。気付きながらそのまま見てる。覚めると昨日も今日も同じ繰り返しが待ってる。なんとも味気ない。老化の典型的パターンやねん。



「音楽展望」

★他にすることも無いと、テメエの書いたウタのCDを聴く。野坂サンの声には深い存在感がある。ついつい聴き続ける。「ザ・平成唱歌集」の中の「みどりの帽子」。これは昭和天皇崩御に際して、その誕生日4月29日を「みどりの日」と名付けてゴールデン・ウイークに組み入れたのや。誰の仕業か?失礼きわまるハナシやんか。その時書いたのが「みどりの帽子」。これは天皇の風刺ではなく、誰かの仕業に向かって、天皇を慈しむココロを表現したもの。

★「みどりの帽子/ふしぎな帽子/ふしぎな昨日の影法師/かぶればみんな想い出す/ちょっと猫背のあのひと/なぜかなぜだかなつかしい/みどりの帽子/ふしぎな帽子/ふしぎな昨日の影法師」と言う歌詞。近いうちにネットに乗っけます。聴いて下され。

コメント

トラックバック