「イチャモンダイ情報」1032019/10/11

「世界情報」

★ブラジルでは強権大統領が時代遅れ?の「焼畑農業」で森を片っ端から燃やしてる。それが世界の平均温度を上げ、環境悪化に邁進。

★世界情勢の真ん中で、アベ君の果たす役割りはナニ?尊敬もされず、警戒もされず、その消極的なイメージが、危機を孕んだ対立・緊張の中にエア・ポケットを醸成してるのやろか?



「イチャモン」

★えー、ワタクシメの頭の高いイチャモンあれこれ、これは85才と言う年令の権利と考えて居るからで。一億火の玉の軍国教育、疎開、空襲、焼け跡、飢餓、アメリカン・コンプレックス etc、ワレワレ世代の各種経験は、独特貴重なものちゃうか?その自分勝手な高見から見下ろすと、今の政治家ども、企業家ども、メディア・インテリどもの識見・行動は、なんともガキめいて見えるのやねん。よく「戦争体験を語り継げ」などと言うが、コトバで伝えられるもんちゃうねん。テメエの無知無学はコッチに置いといて、とにかく、大風呂敷でイチャモン広げるっきゃないのや。その苛立ちからナニカを感じ取ってお呉れやす。



「音楽展望」

★ドイツロマン派の定番、「考えて・歌って・踊って・走る」4楽章。これを延々続けたワケ。これは飽きられても仕様がない。


★大学教授めいた重厚なタタズマイで、ラモー、クープラン、バッハからベートーヴェン、ラヴェルまで、何を弾いても、その作品のエッセンスを見事に表出するソコロフ。これがピアノ本場所番附け東の横綱。西の横綱はホロヴィッツ(1903~1989)。特にショパンのa-mollのマズルカ(Op.17-4)鍵盤撫でるような手付きのレジェロ、絶品。大関以下はゾロゾロ居てはる。キーシン、アルゲリッチ筆頭に。ノコッタノコッタ。

コメント

トラックバック