「イチャモンダイ情報」1022019/10/03


「イチャモン」

★ラグビーでアイルランドに勝っただけで、全国紙が、こぞってスポーツ新聞になっちまった。1面トップにデカデカと。テレビはもともと軽薄さが売り物だから驚かないが、新聞はもうチョッと考えた方がエエんちゃうか?他にもっと大事なシゴトがあるやろが。世界の中で宙ブラリンになってる国家のコンプレックスの顕われやんか。

★前にも書いたが、消費税8%への駆け込み騒ぎ、何やねん?「還元」などとワケの分からない救済手当てゴマカそーって根性、ケッタクソ悪い。そんなことより、生き残りの年寄りダラケで破産寸前の国家厚生予算、しっかり立て直す方が先決やろが。

★またまた「AI」が余計なことを。「美空ひばり・復活」だと?残されたデータからわざわざ彼女の歌声を創り出してどうすんねん?「美空ひばり」は1回コッキリの歴史的存在。このくだらねェプロジェクトの片棒担いだ「NHK」もアホの極致やんか。



「音楽展望」

★ロマン派の開祖ベートーヴェンの跡を、イロイロな作曲家が追いかける。熱心な信奉者ブラームスを初めとして、劇場音楽のワーグナー、あまり才能があるとは思えないブルックナー、即物主義?のリヒァルト・シュトラウス、多才極めるヒンデミットetc。しかし乱暴に言ってしまえば、ドイツは、半音キザミの転調手法にコダワつで疲れ果て、シェーンベルグに至って、漸く「ドデカ」とか言う別の地平を探り出したんちゃうか?「新ウィーン楽派」とか名乗って。その間に、ロシアのストラヴィンスキーやフランスのラヴェルなどが、自由闊達に、別の地平を広げて行ったワケやろ。とにかく、ナニかにコダワルと歴史は停滞してしまうのやねん。



「老化展望」

★目ン玉の悪化につれて、「夢」と「現実」がゴッチャになって来た。何時もナニかしなければならないキモチに襲われる。オブリゲーション症と謂うか。実に不愉快。現実の生活感が薄いため、夢とゴッチャになるらしい。

★実はとっくにクタバってるのに、生きてる幻想が続いてるんじゃないか?と感じることしばしば。どーにもならん。8080。

コメント

トラックバック