「イチャモンダイ情報」992019/09/09

「イチャモン」

★なんや?テイクアウトは消費税8%だが店内で食べると10%だと?食べながら店を出れば9%かよ。このミミっちい小役人根性。いっそ15%にして、その使い道を必死で考えたらどやねん?

★なんかオカシイTVメディア。韓国内の政治スキャンダルをコトコマカに報じるのは何のため?日本国内のスキャンダルを隠蔽するためちゃうか?アべ首相夫人のヘンな小学校事件も何時の間にやらドッカヘ消えて行ったじゃんか。アベのメディア操作に注意せや。

★「内閣改造」どころじゃ無い筈やろが。アメリカとロシアに占領されたまま、その中間のエアポケットでなんとか「平和」保っているだけ、テメエが何か努力したワケじゃないやろが。首相在位期間が長いのはなんの自慢にもならん。自ら引退決意する時やろが。

★メディアの「喋り」にヘンなアクセントが跋扈。《※低く発音=○,高く発音=● と表記する》
「・・・と記されて」と言うフレーズを「記るされて/○●●○○」とアクセント付ける。これは当然「記るされて/○●●●●」と言うべきやろが。
「記す」の原型は「しるす/○●●」じゃんか。例えば「直す」ならば原型は「なおす/○●○」だから「なおされて/○●●○○」でOK。イロイロ面倒臭いが、日本語を正しく使え!

★さて、韓国の日本アレルギーは根が深い。歴代、中国からの圧迫を受け、独立困難な地域。さらに日本の対中国進出の足場。特に豊臣秀吉時代、加藤清正は怨敵。わが幼年時代、5月の節句人形の中に、清正が槍で虎を刺しているのがあった。今思えばアキラカな朝鮮蔑視の表現。しかし今、スベテは前世紀の「歴史」。因縁感情忘れるべき時やんか。



「音楽展望」

★「ロシア作曲家5人組」てのがある。1830年代、ドイツ、フランスなどの影響を受けないロシア独自の表現を目指し、チャイコフスキーなどと対立。バラキレフ、キュイ、ムソルグスキー、ボロディン、リムスキー・コルサコフ、がメンバー。リーダー、バラキレフに「ISLAMEY」なるピアノ曲がある。オリエンタルな幻想曲だが演奏難しい。幼年時代、オヤジの蒐集SP盤の中に入っていて、聴いてはいたが、あまり興味を感じなかった。今、ネットでいろいろ聴いてみると、それぞれテンポが異なり、なかなかオモロイ。現代の技巧派ピアニスト、KISSINも歯切れ良く弾いている。