タイトル羅列キャンペン982018/06/03

「NYTウォッチング」(05/28~)


「HOW TO REVIVE A SMALL TOWN」
「オ-ストラリア:地方の小さい町の再生」
★人口減少の危機、フィリピンからの移民受け入れで活性化。



「FREE SPEECHI AND THE ROT IN AMERICA」
「米国:言論自由と腐敗」
★トランプ時代のアメリカ文化変化には、は従来のリベラリズムではダメ。



「IN THE KINGDOM OF MEN」
「トルコ:男性王国」
★イスラム指向エルドガン大統領の下、女性に対する暴力増加。離婚要請妻殺害など。



「WHAT COMES NEXT FOR ITALY AND EUROPE?」
「イタリアと欧州はこれからど-なる?」
★反EUを拒むことで、イタリア大統領は国民に歴史的選挙の再考を促す。



「MALAYSIA'S DEMOCRACY:JUST REBORN,IN DANGER AGAIN」
「マレ-シアの再生民主主義、再び危機に」
★新連立政府の内外に対抗派の圧力。(ナジブの残党?)



「E.U.QUIVERS AS TUMULT IN ITALY ROCKS MARKETS」
「EU、イタリア市場激動に大揺れ」
★イタリア選挙の結果によって、ユ-ロはポピュリストの論議の中心に。漫画はピサの斜塔が世界市場の上に倒れかかる図。



「TO SEE YOUR BABIES, PAY UP」
「中国の病院:子供を診察して貰いたければ母親は先ずカネを払え」
★健康保険制度のオソマツ?



「NORTH KOREA MAY NEED 15YEARS TO CUT NUCLEAR ARMS」
「北鮮の非核化には15年掛かるだろう」
★センモン家曰く。



「UNDER MODI,A CORRODED DEMOCRACY」
「インド:モディ首相の腐った民主主義」
★司法からメデイアまで、腐食は更に悪化。



「ON HIGH SEAS,A FRUITLESS WAIT FOR ROHINGYA」
「公海上、ロヒンギャ救援虚しく」
★ミャンロヒンギャ難民受け入れ国無く、水・食物も無く、大惨事迫る。



「DO YOU LIKE YOUR NAME?」
「アンタは自分の名前、好きかい?」
★「名前と言うものは当人にとっては懐かしく重要なものだ」と米国の作家デイル・カ-ネギ-(1888~1955)は言った。統計によれば、自分の名前が好きな人は79%、嫌いな人は21%。オレは21%の方だ。子供の頃、デパ-トで女性に名前を尋かれ、「ア-サ-」と答えたら大笑いされたからだ。以来この古めかしい名前がイヤになった。で、今風の名前の女性と結婚すればチャラになるのではと期待を掛けた。相手の名前は「エスタ-」だった。彼女の故郷のバルセロナではフツ-の名前だったが、アメリカでは第一次世界大戦頃のイメ-ジの名前だったのや。母の話では「ア-サ-」の他には「デヴィッド」があったが、父親の名前なので「チェスタ-」を考えていたと。やれやれ、ならば「ア-サ-」も悪くない、と思うようになったと。因みに筆者はAEI(ワシントンの著名シンクタンク)会長、ア-サ-・ブルックス。


★いやはや、名前ってのはムズカシイ。ボクの本名は「峯夫」。昭和9年の出生時にオヤジがいくつか名前を考えたらしい。そして。当時銀座に「タンゴ」なるバ-が在り、そのマスタ-が占いの名人と評判だった。で、オヤジの示したいくつかの名前に、それぞれ「実業家」とか「外交官」とか、人生の予測を書いて呉れたと言う。「峯夫」に関しては職業的予測は無く、ただ「貴重なる生命」と。オヤジは迷うことなくそれにキメたと言う。オヤジは間もなく32才で世を去った。福沢と共に「慶応義塾」を創った「小幡篤次郎」の娘だった祖母の血脈も、福沢に心酔して所謂慶応族の一角を占めた「桜井家」の血脈も、子孫に繋げることなく、そろそろTHE・END迎えようとしているワタクシメ、これが「貴重なる生命」のイミだったのでありましょうか?因みにボクの筆名「順」は、外国暮しが長かった祖父が、西欧で通用し易い「ジョン」に倣ってオヤジに付けた名前「遵」のヒビキを借りて「JUN」としたワケ。オソマツな一席、呵呵。

タイトル羅列キャンペン992018/06/17

「NYTウォッチング」(06/11~)


「BRIBES GO UNPUNISHED IN MEXICO」
「メキシコ:賄賂横行」
★選挙近付き、与党はテメエ守るため、裁判を妨害する。



「A PAGENT OF NATIONS IN A GLOBALIZED WORLD」
「グロ-バル化世界での各国壮麗な見世物」
★サッカ-ワ-ルドカップは、グロ-バリズムとナショナリズムの二分法はマチガイだと示している。



「TURKEY MUST OVERCOME ITS FACTIONALISM」
「トルコ:その派閥主義を抑えねばよ」
★国内がバラバラで国家のアイデンティティが不明やんか。



「SCANDAL CLOSES A NATION'S WALLETS」
「南阿:スキャンダルが国家財政を圧迫」
★税を払わないリ-ダ-連。国民がそれに倣う。



「A RETURN FLIGHT FOR SUPERSONICS」
「超音波航空機の再使用」
★R.BRANSON(1950~)英国生まれの航空産業異端児。超音波機による大気汚染など環境汚染に対して規制必要との声が上がっている。



「MALAYSIA LEADER ON A MISSION」
「マレ-シア:リ-ダ-の使命」
★復帰したマハティ-ル首相、前任者ナジブの作り出した金融危機に対応せにゃならぬ。



「A PRESIDENT WHO ENVIES A DICTATOR」
「金正恩の独裁権力羨むトランプ」
★肉親も容赦なく処刑するスタ-リン式独裁権力を羨む民主主義国大統領?

タイトル羅列キャンペン1002018/06/24

「NYTウォッチング」(06/18~)


「VENEZUELAN DREAM CRASHES DOWN」
「ヴェネズエラの夢崩壊」
★国家安定のポイントだった巨大石油企業掠奪により。



「A CHANCE TO STABILIZE THE BALKANS」
「バルカン安定のチャンス」
★ギリシャをマケドニアと呼ぶことが欧州全体をより安全にする道。



「A REVISIONIST DRIVING RECORD」
「サウディ:運転免許をめぐる修正主義」
★リ-ダ-皇太子、女性の運転許可、但し女性活動家拘束。、



「HOPES ARE HIGH,BUT PENDING,FOR FREE SPEECH IN MALAYSIA]
「マレ-シア:望み高いが言論自由保留中」
★新政府言論規制法を撤去したいが、態度慎重。



「PLAN TO RAISE A PIOUSGENARATION」
「トルコ:宗教的世代に自分の功績残したいエルドガン大統領」
★宗教的小学校の拡大の中に。



「HAVEN FOR A GRUESOME PRQSITE」
「ゾっとする寄生虫安息所」
★ニンゲンにはもはや殆ど無いが、アフリカの犬に寄生するメジナ虫病。



「GREECE REBOUNDS,BUT EURO IS STILL STRESSED」
「ギリシャ立ち直るもユ-ロ依然緊迫」
★英国のEU脱退、イタリア混乱、貿易戦争のオソレなどなど。



「THE GRIEF THAT RESHAPED POLAND」
「ポ-ランド創り直す悲しみ」
★2010年「カチンの森」追悼儀式に出席に向かったポ-ランドカチンスキ-大統領一行の飛行機がソ連領内で墜落、全員死亡。ソ連による暗殺との見方も。今、大統領の双子のカチンスキ-派が権力握り、法政、メディアに政治的圧迫を掛けモンダイとなっているのや。「カチンの森」事件とは第二次世界大戦末期、ポ-ランド将校兵士何千人がナチスによって虐殺されたとされた。事実はソ連による犯行だったとも。ヤヤコシ。



「REPEATING‘BLOOD LIBEL'IN AMERICA」
「米国:くり返されるユダヤ教徒殺人儀式」
★難民危機ではなく、憎しみの危機。反・ユダヤの歴史。



「WHY MEXICO IS SWINGING LEFT」
「なぜメキシコは左傾化するのか」
★大統領候補ロペス・オブラド-ルが混乱する国民に希望を与えているのや。

**********

「イチャモン・コ-ナ-」

オイ、日本の施政者はナニしとるんやホンマに!今回の大阪北部の地震騒ぎから何にも感じ取れないのかや?「ワシントン」と「NY」を兼ねた「TOKYO」が巨大地震に襲われたらど-なるか?早いとここの都市機能をアチコチに分散させにゃマチガイなく「日本沈没」やろが。これこそ「国会」の超緊急モンダイやんか。アベ君もアチコチ飛んで回るよりテメエの足元シッカリ見据えてんか!