タイトル羅列キャンペン502017/04/23 12:35

「NYTウォッチング」タイトル羅列(04/17~)


「FRANCE IN THE END OF DAYS」
「フランス:最終情況」
★マリ-ヌ・ル・ペンの勝利への道はハッキリした。誰かプラグマテイストがこの極右を止められないか?(巴里のテロで、情況は少しかわるのでは?と言う説も出てるが)



「HOW WE SHOP:PAST,PRESEMTAND FUTURE」
「買物の方法:過去・現在・未来」
★煉瓦とモルタルの店も残ってはいる。しかしインタネットが買物を変えてしまった。



「IS RUSSIAMEDDLING AGAIN?」
「ロシア:またまた他国選挙に干渉か?」
★アメリカの場合と同じく、フランスの選挙にも偽情報、ハッキングで干渉か?



「U.S.LOSING ITS FIGHT FOR CREDIBILITY」
「米国トランプ:信用への戦いに負けてる」
★トランプはアメリカの「敵」を助けてる。偽情報や扇情的ツイ-トを拡散することで。



「TAKING A ‘SHULTZ HOUR'」
「あのシュルツの沈思黙考を取り戻せ」
★1980年代、レ-ガン政権の国務長官だったジョ-ジ・シュルツは、毎週沈思黙考の1時間を持ち、大統領と妻以外は部屋に入れさせなかった。今、スマホ腐敗の世界で、彼に倣うべきやろ。シュルツ96才。



「UBER LOOKS TO CONQUER INDIA」
「ウ-バ-社、インド征服へ向かって」
★タクシ-手配システムから世界的大企業になったウ-バ-社の勢いトマラナイ。



「HUNGARY BEGINS DETAINING MIGRANTS」
「ハンガリ-:難民キャンプ開設」
★もともと移民に敵対的なハンガリ-、難民抑留へ。



「NORTH KOREA-TRUMP DRAMA」ニコラス・クリストフ
「北朝鮮対トランプ劇場」
★オバマ式対北鮮政策はもはや時代オクレ。北鮮は化学兵器も所有、ミサイルはソウル・東京に達する。コワイのはトランプが性格的に先制攻撃すること。ドシタラヨカンベ?
1)中国を通じての圧力の効果はギモン。アメリカが考えるほど、中国と北鮮のカンケイは緊密ではない。
2)様々な制裁は北鮮を困らせるがその計画を妨げることはない。
3)残る方法は、実質的に核ミサイル計画を「凍結」させることで制裁を緩和することだが、これは単なる先延ばしに過ぎないのではないか?万一、トランプが予防的先制攻撃に踏み切ったら?その時は神に祈るっきゃないだべさ。