「CMってナニ?」(7)2013/05/23

えー、これは「ヘラ鳥」中の記事だけど「LANGUAGE」欄の広告的コトバのハナシなので、一応「CMってナニ?」のタイトルの下に入れて、ご紹介致そう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「CMってナニ?」(7)

★この場合は Catchphrase Memorandom と言うことになる。

「HOW BOSTON GOT ‘STRONG’」(05/20)(ボストン・ブローブ紙)

「《BOSTON STRONG》なるコトバはドコから来たか」

ベン・ツィンマー

2語のモットー「BOSTON STRONG」が、先日のボストン・マラソン爆弾事件以来、テロへの挑戦、反抗、団結、警戒のスローガンとして、街中に見られるようになっている。

アチコチで見られる「BOSTON STRONG」が、テロ脅威に対する統一戦線を形作っている。このコトバはアっと言う間に広がった。無数のTシャツ、帽子、リボンなどに印されて。これを、ボストン市の「災害後ブランド」と呼ぼう。

「BOSTON STRONG」の迅速な成功は、キャッチフレーズに関して、ワレワレがどんなに広告世界から学んでいるかの証拠やろ。連中は、思いもよらぬ出来事からも、それを創り出すのやねん。

「X STRONG」なるコトバ合わせは、一体ドコから来たのか?その最初は、今はチョイとマズイことになってしまったが、プロ自転車レース界の大スター、LANCE ARMSTRONG 氏が、自らのガン経験をモトに、ガン患者のための基金として設立した「LIVESTRONG」からだ。
ARMSTRONG 氏と、そのチャリティ事業は、競技に於ける彼のドーピング(麻薬)違反が明らかになって以来、信用を失ってしまったが、10年前、「LIVESTRONG」の黄色いリストバンドは、偉大な博愛心の成功物語だったのだ。

「LIVESTRONG」は ARMSTRONGのSTRONGから採ったもの。2004年、彼は語った。「 ガンに罹ったワカモノ達は、シッカリ戦い、大きな夢を見、《強く生きる》べきだ」と。(まァ日本語で言えば、《ガンバレ》やろ)

その2年後、全く異なった「STRONG」スローガンが現われた。アメリカ陸軍が、NYの広告代理店マッキャン・エリクソンと提携、新兵募集のスローガンとして「ARMY STRONG」を使ったのや。(これは後に「AN ARMY OF ONE」「BE ALL YOU CAN BE」に替えられたが)
以後、「STRONG」の変形がポップ・カルチャーに現われた。2007年、カントリー・シンガーのブリトニー・フーバーが、デビューアルバム「COUNTRY STRONG」をリリース。このタイトルは数年後、ギネス・パルトロー主演の映画の中でも使われた。

その後、挑戦を表すこのコトバは、災害のチャリティキャンペンに使われる。2011年8月、ハリケーン・イレーヌがヴァーモントを襲った際、チャリティ・キャンペンとして「I AM VERMONT STRONG」と書かれた Tシャツが売られた。このキャンペンは大成功で、州知事ピーター・シャムリンは、2012年の年頭演説で「ワレワレの州は強い。ヴァーモント・ストロングだ!」と叫んだ。彼はさらに「VERMONT STRONG」をクルマのプレートに付けて、ヴァーモント災害救助基金とした。

翌年10月、ハリケーン・サンディがニュージャージー州を襲った時も「JERSEY STRONG」がみんなの掛け声になった。

明らかに、「BOSTON STRONG」の成功は、そのモトを辿れば、今や不名誉なコトバとなった「LIVESTRONG 」に行き着くのや。ボストンの事件直後から、青と黄色の「BOSTON STRONG」Tシャツでキャンペンを始めたエマーソン大学の学生たちは言う。「オレたちは《LIVESTRONG》と《ARMYSTRONG》 から《BOSTON STRONG》を展開したのさ。だってこのコトバはシンプルで覚えやすいじゃんか」

今月初め、ホッケーの試合で、トロントのチームが、「TORONTO STRONGER」と応援旗を掲げて、相手のボストン・チームを怒らせた。

まァイロイロなモンダイもあるが「BOSTON STRONG」は、その前の「VERMONT STRONG」や「JERSEY STRONG」同様な成功を収めた。その地域の結束を表現するコトバが、住民共通の旗印となったのや。そして「WE AREBOSTON STRONG」の WE の中に、外部者もシンパシーを感じて「WE ARE ALL BOSTONIANS」となる契機が在る。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ウム。これはそのまま「東北ガンバレ」に通じるハナシやんか。ただ「ガンバレ」は既にあまりにも手垢が付いたコトバで、ホントのシンパシーを含み込んだキャッチ・フレーズにはなり難い。「BOSTON STRONG」の持つクリエイチビチイには遠く及ばないのやねん。因みに、このコラムの筆者はVisual Thesaurus.com のプロデューサー。つまりオンラインでコンタクト出来る、反語など含めた語彙のセンモン家。

コメント

トラックバック