「IMFのDSKの女性暴行スキャンダルも陰謀か?」2011/06/01 16:33

えー、モノズキのダイスキな陰謀説。コーエン君が、それをコラムに。ご紹介致す。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ヘラ鳥ウォッチング」

「DSK AND CONSPIRACY THEORY」(05/31)

「IMFのDSKの女性暴行スキャンダルも陰謀か?」 ロジャー・コーエン

(ロンドン発)

オサマ・ビンラディン殺害の後、有名なフランスのラジオ局が、オレにデンワ・インタヴュー求めて来た。アメリカ大統領からアルカイダ自体まで、みんなビンラディンは死んだと言っている。なのにインタヴューアーはオレに、その「証拠」を求めたのや。

オレは、アメリカ大統領、情報局も言っているDNAサンプルがあるやんか、と言った。しかしフランス好みの陰謀説が色濃くカランんでいるのはタシカだった。アレはアメリカの策謀ちゃうか、と言うのやねん。

オレは巴里での不愉快な出来事を想い出した。国際的経験ユタカなフランス・テレコムのマネージャーと晩飯食いながらのこと。自分ではホントと思っているらしいセオリーを話し始めたのや。あの9/11テロの時、WTCビルにはユダヤ人が居なかった、なぜならあのテロ計画のウシロにはイスラエルとモサドが居たからだ、という陰謀説。

そして今回はDSK(ドミニック・ストラウス・カーン)のセクス・スキャンダル事件。フランス社会の60%は、あれを社会党大統領候補への陰謀と見ているのや。西アフリカからの移民であるメイドを、ホテルのスイート・ルームに差し向けた陰謀だと。その部屋ナンバー2806は、フランス社会党発足の記念時日、6月28日と照応していると。

勝手ニシロ。大マカに言えば、こう言うことやんか。自由度の高い社会ほど、陰謀説には組みしない。他国タヨリのブンカ社会ほど、ウラに隠されたナニカがあると思い込む。

フランスとアメリカのブンカの大きな相違が、DSKの事件で浮き彫りになった。裁判制度、新聞、有名人のプライヴァシー、セクス、レイプ犯罪への反応などなど。しかし、根っこに在るのは権威に対する態度やねん。フランスでは、権力者への敬意が、陰謀説に変わる。それが、ダレであろうと重大犯罪を冒した者に対しては公平に法を適用するアメリカとブツカルことになる。アメリカの反応が、フランス人の怒りを買うのや。

オレはムカシ、DSKにインタヴューしたことがある。彼は魅力的にスマートに、オレに向かって来た。一番印象的だったのは、ヨーロッパの恐竜の如き、フランスの社会主義をなんとか近代化しようとしているように見えたこと。

でも、それは彼が32才のルーム・メイドを監禁、レイプしようとしたかどうか、とはカンケイ無い。もちろん、彼のIMFでの優れた手腕ともカンケイ無い。62才のカーン氏の能力は、この際モンダイでは無いのや。

ストラウス・カーン氏のワルイ性癖は誰もが知って居た。何年か前、フランスのコメディアンが冗談話のダシにしたことがある。カーンがラジオ局のインタヴューに来た時、スベテの女性は安全室に篭もるよう指令されたと。

2007年、フランスの日刊新聞「リベラシオン」のジーン・カトルマー女史は言った。「IMFはアングロ・サクソンのモラルに拠る国際的制度だ。たったヒトツの不適切な振る舞い、不適切なコメントが、メディアの非難を浴びる結果になる」

そして今ここに、フランスの報道陣があまり調査したとは言えない沢山の事実、事件、非難がズラリとある。それは、カーン氏への重大な告発は「バカ気た」ものではなく、権力による暴力的行為に対して発せられたアフリカ女性の声は、法廷に提出されるべきである、ということを暗示しているのや。

さよ、ビンラデインは死んだ。9/11テロ当日、ユダヤ人はWTCに出社していた。スイートルームの部屋番号2806はただの番号に過ぎない。事実だけをカウントせよ。陰謀説は権力持たぬヤカラの逃げ込み場所やねん。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ウム。陰謀説は弱者の逃げ込み場所だ、てのはヒトツの見識やろ。フランスは弱者でアメリカは強者、とコーエン君は割り切って見せた。でも強弱にカンケイなく、世界の野次馬はコゾって陰謀話スキやんか。ワメもダイスキやねん。

コメント

トラックバック

_ マスコミに載らない海外記事 - 2011/06/13 02:12

Paul Craig Roberts 2011年5月20日 Information Clearing House 警察と売女マスコミは、ドミニク・ストロース・カーンが公正な裁判を受けることを不可能にしてしまった。ホテルのメイドを性的に暴行した容疑で彼が逮捕されたという発表の瞬間から、彼が起訴される前から、警察がおこなっ